LOADING

ライティングアプリ 「Bear」がかなりいい感じ

2017-01-28 | DESIGN

デザイナーであれば、美しいツールを使うと自ずとテンションが上がるのではないでしょうか?最近ブログを書き始めたことも有り、以前は目的がメモ程度であまりこだわりのなかったライティングツールを見直しました。そんな中出会った私的ベストライティングツールがこちら。

Bear

Write beautifully on iPhone, iPad, and Mac 公式サイト

エクスポートがめっちゃ便利

Bearで書いた記事は、WordpressやQiitaにアップロードすることができます。記事をマークダウンやHTMLなどでコピーしたら、あとは任意の場所に貼り付けるだけ!

文句のつけられないUI

説明書不要、ググることなんてありません。いきなり普通に使えます。日本語にも対応しているので、英語恐怖症の人でも安心です。使い始めて3時間くらい経つと、”こんなことできたら便利なのに”と思い始めます。でも大丈夫!ウェルカムテキストの中に、その答えが面白いように書かれています。

こういう心配り素敵

ライティングに最適な幅を保ってくれるため、ウィンドウサイズをいちいち調整する手間も省けます。

Evernoteだとこうなる… Bearだと

スタイリング

スタイリングのやり方も独特で、Kobito(http://kobito.qiita.com/)の編集画面とプレビュー画面をうまいこと1画面に収めたようなインターフェイスになっています。なれてくると、ショートカットキーでテキストのスタイルを設定できるので、ライティング作業中にマウスに手を伸ばす必要は殆どありません。

Kobitoのインターフェイス Kobitoで書いたもの(上画像)と全く同じものをBearで書いたもの

“Evernoteでよくない?”

そうおっしゃる方も結構いるみたいです。というのもEvernoteはアップロードできるデータのサイズに制限はあれど、無料でクラウドストレージが利用できまが、Bearは¥150ほど一ヶ月にかかってしまいます。”毎月150円払う理由がわからない、Evernoteと同じじゃん?”、そういうレビューもいたるところで見かけました。ただ、私個人は、Bearの提供する単なるライティングツール以上の価値は¥150以上あると考えます。百聞は一見にしかず、実際に触ってみると、上に挙げたメリット以外にも、言語化出来ないBearのよさを感じていただけると思います。是非一度お試しあれ!


Bearのダウンロードはこちらから

共有よろしくおねがいします!