Sketch入門 – アートボード (Artboards)について

Pocket
LINEで送る

アートボードとは?

アートボードは、illustratorを使ったことがある人なら馴染みがあると思います。アートボードは、広大なSketchのキャンバス内で作業をするための台紙のようなものです。UIデザインをする上では、このアートボードをスマートホンや、PCの画面に見立ててデザインを進めていきます。


アートボードの作成

ツールバーの”Insert” > “Artboard”を選択すると、ドラッグアンドドロップで好きなサイズのアートボードを作成することが出来ます。シンプルにキーボードの”A”を押すことで、ショートカットとしてアートボードツールを呼び出すことが出来ます。ArtboardのAです。覚えやすいですね。


アートボードプリセットからアートボードを作成する 

単純にドラッグ・アンド・ドロップでアートボードを作成してもいいのですが、Sketchが用意してくれているアートボードプリセットから、任意のサイズのアートボードを1クリックで作成することも可能です。ちなみに、アートボードプリセットのセクションタイトル(例: iOS Devices)をクリックすることで、そのセクションのプリセットを一気に呼び出すことも出来ます。


アートボードプリセットを自作する

Sketchが用意しているアートボードプリセットの中に、自分がよく使うサイズのアートボードがない場合”+”ボタンをクリックして、任意のサイズを登録することが出来ます。一度登録しておくと、別のプロジェクトで作業するときもアートボードプリセットの情報は継承されているので、よく使うサイズは早いうちに登録しておくといいでしょう。


アートボードの選択と移動

Sketchでは、アートボードを選択・移動するとき、イラストレーターやフォトショップのように、いちいちアートボードツールを起動する必要はありません。アートボードのタイトル部分をクリックするだけです。同様にタイトル部分を選択してドラッグすることでカンタンに移動させることも出来ます。


アートボードのリサイズ

アートボードのタイトル部分をクリックすると、アートボードの四隅に白い四角が出現します。この白い四角の部分をドラッグしてアートボードをリサイズしましょう。レーヤーをリサイズするときと同じです。また、インスペクターバーのSize部分に数値を入力することでも、サイズ変更が可能です。

⌘+方向キーで、レイヤーをリサイズすることも可能です。⌘+Shift+方向キーにすることで、10pxずつのリサイズも可能です。


アートボードの切り替え

いま作業しているアートボードから、別のアートボードへ移りたい場合、単純にマウススクロールで移動することもできますが、fnキーを押しながら矢印キー(左か右)を押すことで素早く隣のアートボードに移ることも出来て便利です。


アートボードの削除

みなさんお察しの通り、アートボードを選択した状態でdeleteキーを押せばアートボードの削除が可能です。これはあまりご存じの方は少ないのですが、アートボードを選択した状態で⌘+Shift+Gでもアートボードを削除することが出来ます。ちなみにこの⌘+Shift+Gというのは、グループ化したレイヤーのグループを解除するときのショートカットと同じです。



Pocket
LINEで送る