Sketch入門 – インスペクターについて

Pocket
LINEで送る

インスペクターはSketchの右側にあり、選択中のレイヤーを調整したり、使用中のツールのオプションを管理したりする場所です。インスペクターには以下のようなセクションがあります。

整列オプション

インスペクターの一番上にあるこれらのボタンで、レイヤー同士を揃えたり、配置したりすることが出来ます。整列オプションはレイヤーを2つ以上、もしくはアートボードの中で1つ以上選択しているときにしかインスペクターに現れないので注意してください。

レイヤーをひとつだけ選択している状態で整列オプションを使うと、アートボードの中で整列させることが出来ます。たとえば、選択した1つのレイヤーに対してAlign Leftを行うと、アートボードの左端に移動します。

イラストレーターのように、基準となるレイヤーを指定してレイヤー同士を整列させることは今のところ出来ないようなので、レイヤーをうまくグループ化させるなど工夫が必要です。

レイヤープロパティ

レイヤープロパティも、インスペクターの上部にあります。ポジション、オパシティ、ブレンディングや、角丸、多角形の角の数などに代表されるような選択中のレイヤーの種類によって出現する特別なオプションもあります。

角丸オプションを使用するためには、アンカーポイントが”Straight”である必要があります。また反対に、Straight以外のアンカーポイントを混同して持つレイヤーは、単純にレイヤーを選択しただけでは角丸オプションを使用できないので、レイヤーを選択した状態でダブルクリック、もしくはEnterを押してから角丸を適用したいアンカーポイントを選択しましょう

テキストフィールド

インスペクター内のテキストフィールドにカーソルを近づけるだけで、増加/減少の上下矢印が出現します。これらの矢印をクリックすることで、任意の値を増やしたり、減らしたりすることが出来ます。Shiftキーを押しながら矢印をクリックすると、10ずつ値が増えます。オプションキーを押したままのクリックでは、0.1ポイントずつの調整が可能です。

増加と減少

一度テキストフィールドにフォーカスすると、上下の矢印は見えなくなりますが、機能を使うことができなくなったわけではありません。キーボードの上下矢印キーを使って値を増加・減少させることが出来ます。Shiftで10倍、Optionで0.1倍ずつの調整ができることはここでも同様です。

四則演算

テキストフィールドでは、足し算(+)、引き算(-)、掛け算( \* )、割り算(/)といった四則演算が可能です。プログラミングを少しやったことがある人には馴染み深いと思います。たとえばテキストフィールドに「100/25 \* 3」と入力してEnterを押すと、結果は12になります。

角丸オプションのテキストフィールドでは、セミコロン”;”を使ってそれぞれの角に対して個別に角丸の値を入力することが出来ます。(例. 40;0;40;0)

グループ内、もしくはArtboard内のレイヤーに関しては、の幅と高さを%で設定することも出来ます。親のグループやアートボードをリサイズしたときに、Sketchが設定したパーセンテージに基づいてレイヤーをリサイズします。例えば、レイヤーの幅を10%に設定したとします。アートボードの幅が960pxの時、このレイヤーは96pxです。

入力値の素早い変更

瞬時にテキストフィールド内の値を変更したい場合、テキストフィールドのすぐ下の部分を左右にドラッグ・アンド・ドロップすることで値を素早く調整することが出来ます。どのくらいの大きさにすべきか明確なアイディアがない場合に、素早くだいたいのサイズを決定するのに便利です。

レイヤースタイル

レイヤーに適用できる塗り、線、シャドウ、ぼかしの4つのスタイルは、それぞれ専用のセクションをインスペクター内に持っています。

各スタイルセクションの右上にあるプラスボタンを押すことで、新規スタイルをレイヤーに適用することが出来ます。

新規で塗り、線、シャドウを追加する場合、カラーピッカーが出現し、色を選択できます。

スタイルはチェックボックスのチェックを外すだけで、スタイルを外すことが出来ます。1つ以上のスタイルが無効化されている状態になった場合、ごみ箱アイコンが出現するので、コレをクリックすることで、無効化されているスタイルをまとめて削除することが出来ます。

ぼかしも他のスタイルと同様、チェックボックスをオンにすることで使えるようになります。チェックをつけると、ぼかしのタイプを選択することが出来ます。レイヤーの透明度が100%未満になっている場合、背景をぼかす”Background Blur”がうまく作用しません。レイヤーを透明にして背景をぼかしたい場合は、レイヤーの透明度ではなく、塗りの透明度を調整しましょう。

書き出し

インスペクターの最下部に書き出しオプションはあります。この書き出しオプションはSketchを使うべき最も大きな理由の1つと言っても過言ではありません。今後詳しく書いていきたいと思います。

Pocket
LINEで送る